TOP > COLUMN > 女性の冷えの原因は?改善できる?寒い季節におすすめの食事、漢方、ツボなど

女性の冷えの原因は?改善できる?寒い季節におすすめの食事、漢方、ツボなど

日も短くなり、風が冷たく感じる季節になりました。この時期、毎年冷え性で悩んでいるという女性も多いのではないでしょうか。手足が冷たくなりなかなか寝付けなかったり、冷え性からくる他の症状に頭を抱えている人もいるかもしれません。

今回は冷えが気になる寒い季節におすすめの食事やツボなどをご紹介します。

冷えの原因

冷えの主な原因は、「血行不良」や、「体内の熱の不足」によるもの。

私たちの体を流れる血は、体温を一定に保つため全身に熱を送る働きをしています。そのため、血の巡りが悪いと、熱が体の隅々にまで送られず体が冷えてしまうのです。

また、からだが生み出す熱(産熱)が少なかったり、体内の熱が逃げやすくなることで、冷え性につながることもあります。

特に、冬など気温が低く外気で体が冷やされるとき、人間の体は熱を逃がさないように、血管を縮めて血の流れを抑える働きをしています。放熱を抑えるための働きによって血流が悪くなり、結果的に体が冷えてしまうという悪循環が起こりやすいのです。

冷え性はなぜ女性に多い?

女性に冷え性が多いと言われる大きな理由のひとつが「筋肉量」にあります。筋肉は全身に血液を送る役割も担っていますが、筋肉量が少ないと十分に血液の循環を行うことができずに、血行不良の原因になるのです。

また、月経から引きおこる貧血や、女性ホルモンの乱れによる自律神経の失調なども、冷えの原因と考えられています。

冷えだけじゃない。冷え性の人がなりやすい症状

「冷えは万病のもと」とよく言われますが、実際に冷え症の人は、体が冷えるだけでなく、さまざまな症状を引き起こしやすくなります。

冷えと関連した症状の一例を見てみましょう。

  • 肩こり
  • 頭痛
  • 不眠
  • むくみ
  • 肌トラブル
  • 腹痛
  • 便秘
  • 下痢
  • 生理不順
  • 生理痛


例えば、冬になると生理痛がひどくなるという人は、体が冷えていることでおこる血行不良が原因になっているかもしれません。生理痛の原因は、他にも自律神経の乱れや骨盤のゆがみなどさまざまあり一概には言えませんが、体を温めることによって痛みが緩和される可能性があります。

寒い時期に試したい6つの方法

「寒い季節で体が冷たい……」そんな人は、まず「血行促進」と「体を冷やさないこと」の2つを意識することが重要です。

高タンパク質の食事を意識

過度なダイエットなど、食事の栄養バランスが偏ったり、食事量が足りなかったりすることで冷え性になる人もいます。まずは日々バランスの良い食事を心がけてください。

特に、タンパク質は熱を生み出してくれるため、寒い時期には必須の栄養素です。また、ショウガや根菜類、りんごなど、体を温める食品も意識的に摂るようにしましょう。

冷えが改善する漢方は?

漢方医学では、単純な「冷え性」ではなく、どこがどのように冷えるか、どんな原因によって冷えが起きているかなど、その人の生活や症状に合わせて生薬や漢方を処方します。

例えば、「血流が悪くなっていることによる冷え」と「体がうまく熱を生み出せないことで起こる冷え」では、処方する漢方も変わります。冷え性を改善したいと考えている人は、専門の漢方薬局などで一度相談してみても良いかもしれません。

洋服の選び方も工夫して

体が冷えやすいと感じる人は、洋服の選び方も工夫してみましょう。締め付けるような洋服は血流を悪くしてしまいかねないので、避けた方がベター。お腹回りは冷えやすい部位なので、寒い時期は腹巻の着用などもおすすめです。

また、トップスは重ね着を心がけて。厚手のセーター1枚などで過ごしているときに、暖房の効いた室内で汗をかいてしまうと、汗がひいて逆に体が冷えてしまうことに繋がります。

最近はデザイン性の高い洋服も多くあるので、ぜひ冷え対策も兼ねた秋冬ファッションに挑戦してみてください。

GlamBeautique+ おすすめ商品

商品名
Sleepdays リカバリーマルチウェア
価格
サイズフリー/5,980円(税抜)

全身どこでも、血流の気になる場所に使用できるマルチウェア
血流を促進する独自技術の繊維を使用。繊維に含まれているナノレベルの微小な貴金属が身体から発する熱などに効率よく反応し、血中に作用、保温効果を高めることで血管を拡張し血流を促進します。
頭・首・腹・腰など血管の多く集まる場所に使用できるよう、伸縮性の高い素材を使用しています。デスクワークによって長時間同じ姿勢をとっている方は、限られた筋肉しか使わず全身の血流が低下している可能性があります。帰宅後のリラックス時や睡眠時だけでなく、腹巻のように着用すると日中でも気にせずご使用いただけます。

ツボ押しで体を温める

手軽にできるツボ押しで、冷え性対策!ツボ押しは、さまざまな体の不調に効くと言われますが、特に冷えが気になる人におすすめなのは次の3つです。

「肩井(けんせい)」肩の真ん中あたりの少し盛り上がっている部分にあるツボ。
肩こりのツボともいわれますが、全身の血行を良くする効果もあるので、おすすめです。

「指間穴(しかんけつ)」手の甲側の指の付け根部分にあるツボ。人差し指と中指の間、中指と薬指の間、薬指と小指の間の3ヶ所にあります。

「八風(はっぷう)」指間穴の足指版。足の指と指の間にあるツボ。ここのツボを押すことで、足の血行促進効果も期待できます。

GlamBeautique+ おすすめ商品

商品名
IN FIORE フレシュールスティック スティックバーム
価格
2.0g/2,300円(税抜)

すっきりと開放的なリフレッシュタイム。スパイシーな香りが心地よい部分用ボディバーム
気持ちまで解きほぐされるような心地よい感触と、天然由来成分率99%の自然な清涼感でリフレッシュタイムへと誘うスティック状の部分用ボディバーム。アーモンド油やコメヌカ油などの厳選された植物オイルが、血行やリンパの循環を促して、肌内部の滞りにアプローチ。気になる部分や首すじ、耳のうしろ、鎖骨下のラインなどをやさしくプッシュしなじませてください。
自宅でもオフィスでもお手入れできるスマートケアアイテム。

足のマッサージで血行促進

血流が悪くなりやすい足は、セルフマッサージで血行を促進させましょう。ポイントは、末端から心臓に向かってマッサージすること。ふくらはぎを中心に、滞っている血流を押し流すようにケアしていきましょう。

GlamBeautique+ おすすめ商品

商品名
ニールズヤードレメディーズ ジンジャー&ジュニパーウォーミングオイル
価格
100ml/3,000円(税抜)

冷えを感じて体がこわばる、手足のむくみが気になるときにジンジャー香る温感マッサージ
風邪をひきやすくなったり、疲れがとれないなど、気温の変化が激しい季節の変わり目は、体に負担のかかりやすい時期。そんな季節のすっきりしない重苦しさには、ジンジャー配合のオイルで『簡単巡りケア』。
ジンジャー&ジュニパーのほんのりスパイシーな香りのマッサージが、気温差や疲れでこわばった体をじんわりほぐし、温感UP。マッサージ後の肌は、なめらかな潤いに包まれます。
英国ソイルアソシエーション認定オーガニック製品。

運動習慣をつくる

運動を行い筋力をつけることで、基礎代謝が上がって熱を生み出しやすい体をつくることができます。

運動不足を感じている人は、意識的に階段を使ってみたり、お風呂あがりのストレッチや、朝の軽いウォーキングから始めるなど、日々の生活に運動習慣を取り入れてみてはいかがでしょうか。無理してハードな運動をしなくて良いので、手軽に始められるものから取り組んでいくことがおすすめです。

日々のちょっとした工夫で体を温め、寒い冬を乗り切りましょう!

関連記事:

眠れない原因は?寝つきを良くするために試したい6つの不眠対策方法